ピアノの部屋のドライフラワー

ピアノの部屋のドライフラワー

(公開: 2015年3月 1日 (日)

子供の頃、ピアノを習っていました。年に一度、発表会があり、その発表会に参加すると、最後に壇上に飾られているお花をもらうことができました。

母は毎年いただいたお花をドライフラワーにして、その次の発表会の日までピアノの部屋の花瓶にいれて飾ってくれていました。

おそらく私は本番に強いタイプだったのでしょう。発表会での演奏は、ほとんどの年、上手くとまでは言いませんが、大きなミスをすることなく弾けました。

でも、練習量が明らかに少ないと、壇上でつっかえ、恥ずかしい思いをしました。

だから、ピアノの部屋のドライフラワーは、あわよくば楽な方に流れがちな私を戒める役割をも果たしていたように思います。

母はそれを知っていて、発表会でもらったお花をドライフラワーにしていたのでしょうか。まだ聞けずにいます。

いつの日か事の真相を母に聞いてみたいと思います。

ドライフラワー 通販 | cloaks.


ドライフラワーを用いて作られるブーケ

ドライフラワーを用いて作られるブーケ

(公開: 2015年3月 1日 (日)

ドライフラワーを利用してブーケが作られるケースは、多くのところで見受けられているのではないでしょうか。

ブーケを作る際にドライフラワーが使われる割合は高くなってきており、様々なところから注目を集めていると言えるのではないでしょうか。

ブーケを作ったことのない人でも、ドライフラワーを活用することで簡単に手掛けることができるのではないかと推測されています。

 

近頃では、このようなドライフラワーを利用する形式のブーケが高い人気を得ているとみられています。

作られる機会が増加してきていることに加えて、贈答品として扱われることも多くなりつつあります。

これからも、ドライフラワーで作られたブーケは、多くの人から高く評価されていくとみられています。

またこうしたブーケを契機に、ドライフラワーが脚光を浴びるようになるのではないかと見込まれています。


ドライフラワーをつくってみて

ドライフラワーをつくってみて

(公開: 2015年3月 1日 (日)

友人がメールに引越した先のことを書いてきました。

私ももしかすると友人の行った先に引越すかもしれないので興味津津です。

友人の住んでいるところはとても乾燥していて体がかさかさ痒いといいます。

大変だねと言いながら、ふと、自分が作っているドライフラワーに目が行きます。

乾燥させるのがポイントなんだよね、ドライフラワーなんだから、と一回失敗しているので、今度は慎重につくります。

そう言えば、部屋が乾燥していると自然にドライになるんだよね、と思ったのです。

昔住んでいたところは、薔薇の花を下に向けてつっておくだけでドライフラワーが出来ていました。

その代わり、冬になり、世間で風邪が流行するころは要注意です。

苦労もなくたくさんのドライフラワーを楽しめた以前とは異なり、乾燥材を用いてドライフラワーをつくっています。

 

カントリーっぽい生活が好きで、やっぱり、ドライフラワーは素敵な装飾となるのです。


ドライフラワーの飾り方について

ドライフラワーの飾り方について

(公開: 2015年3月 1日 (日)

海外のテレビ番組を見ていると、ドライフラワーを素敵にアレンジして、インテリアに加えているのをよく見かけます。

自分も実際にやってみようかとも思いますが、どうにもしっくりきません。海外のように天井の高い家の方が、ドライフラワーは映えるのかもしれません。

ドライフラワーの飾り方は吊るすイメージです。ハーブをよく吊るしていて、そのとき時でハーブを上手に利用しています。

花瓶に飾って、壁に吊るしているご家庭に行ったことがあります。ぽつんと飾られていましたが、意外に素敵でした。

何も両手いっぱいのドライフラワーでなくてもいいのです。一輪だけのドライフラワーだって絵になります。

要はセンスなのを最近知りました。インテリアの飾り方を含めてセンスが必要です。

 

ドライフラワーの飾り方がわからなかったら、まず経験です。何はともあれ飾ってみましょう。


ずっと可愛いドライフラワー

ずっと可愛いドライフラワー

(公開: 2015年3月 1日 (日)

可愛いものが大好きで花のある生活って素敵だなーっとずっと憧れていました。

最初は生花を買ってチャレンジしては見たものの、花びらが落ちたり気付くと枯れていたり生花で可愛い状態をキープするのは案外大変でした。

買い替えの頻度も高く、水をあげたり花瓶を洗ったり花を捨てたりと手間もお金もかかりすぎてしまうので、生活に組み込むまではできないなっと諦めていましたが、たまたまドライフラワーを頂く機会があってその可愛さで大好きになり、自分でも買うようになりました。

ドライフラワーなら何の手間もかからないのに、初めの理想通りの形状のままずっと綺麗で可愛いです。

水をあげる手間も無いので場所を選ばずに飾れるのも嬉しいポイントです。

ふと目に入るお気に入りのドライフラワーがいつも可愛くそこにあるのは、ちょっと嬉しく気分が良いです。


ドライフラワーとして記念に取っておけば良かった

ドライフラワーとして記念に取っておけば良かった

(公開: 2015年3月 1日 (日)

今、後悔していることがあります。

それは結婚式で使用したブーケのことです。

人生で一番幸せだと思えたあの時。

あのブーケをずっと取っておけば良かった。残しておきたかった。

結婚式が終わった後、二次会への準備でバタバタしていて大事なブーケのことを忘れていました。

2個あったブーケ。

一個はブーケトスで友人の元に行ったのですが、残りの一個

大きな方のブーケをそのまま会場に忘れてきてしまったようです。

そのブーケをドライフラワーとして残しておけば良かったというのが今の私の後悔です。

幸せの瞬間を一緒に過ごしたブーケをドライフラワーとして飾っておきたかった。

悲しい事があった時に、苦しい時にそのドライフラワーを見た。

きっと幸せだった結婚式を思い出して頑張ろうという気持ちになれたのに。

今はもうどうしようもありませんが、大事な花をドライフラワーとして残しておくことは

とっても素敵で良い事だなと思います。

結婚10年目の記念の時にでも主人に花束を贈ってもらおうかな。

 

そしてその花束を結婚の記念にドライフラワーにしようかな~。